Enjoy Day Shop チャレンジ
エンジョイ・デー・ショップ チャレンジ
白木鍼灸院
マッサージ 小顔
電話でのお問い合わせ・ご予約は
TEL.092-408-7381
福岡市南区若久3−25−17
完全予約制

 

東洋医学的な”冷え性”とは

 ここでは、冷えをタイプ別に分けて、それぞれの治療法法についてお話していきます。冷え性は以下の4つのタイプに分けられます。
 
 
腎陽不足による冷え性
 
 腎虚とは、腎気といって先天的に親から受け継いだエネルギーが足りなかったり弱かったりすることをいいます。要するに虚弱体質というとわかりやすいと思います。先天的には虚弱ではないけれども、成長段階で十分に栄養を摂らなかったり、過度な肉体疲労、ストレスによる激しい精神的な疲労、不摂生、過度な性生活などにより、腎気を消耗し傷つけてしまうことによってエネルギーを消耗し、腎虚になることもあります。  腎陽虚というのは、腎気を消耗し、それが進行すると起こります。陽気は、体を温めたり、気を巡らしたり、あるいは体の代謝を促進したりする作用がありますので、その陽気が不足すると、体の冷えが生じ、血液循環が悪くなり冷えに拍車をかけます。  また、冷えに対してとても敏感になりますので、夏に冷たいものを多食多飲したり、クーラーの利いた部屋に長時間いることは、陽気をさらに損傷することになります。  もちろん、冬の寒い時期は、体の保温を保たなければ、容赦なく寒邪が体内に侵入してきます。
 

治療法

 基本的に、腎気を補い温める治療(温腎治療)が中心になります。腎気に関係するツボに刺激を与え、体内の気を充実させます。特に冷え強い部分に対しては、灸を多用して治療していきます。治療部位は、腰と下腹部、下肢の前面になります。
 
脾腎陽虚による冷え性
 
 脾は、西洋医学的な脾臓を指すのではなく、膵臓を含めた消化器系全体を指します。  先天の気は、親から受け継ぎますが、後天の気は食事をすることによって、食物から得られます。ですので、脾は後天の気を産生し、気を充実させるためにはとても重要な器官でありシステムなのです。 脾陽虚は、腎陽虚と同じように、脾の気が虚して、それが進行することによって起こります。体を温めるための気を作る機能が低下してしまうわけですから、体は冷え、特に手や足が冷えていきます。腎陽虚と脾陽虚を併せ持った症状が特徴です。
 

治療法

 腎と脾の気を補い温める治療(温補脾腎治療)が中心になります。腎や脾に関係するツボに鍼と温灸によって刺激を与え、腎気を補い、消化機能を丈夫にします。特に冷えの強い部分に対しては、灸を多用し治療していきます。また、浮腫がある場合には、水分代謝を良くする治療も同時に行っていきます。治療部位は、腰と下腹部、膝下の前面になります。
 
心陽虚による冷え性
 
 心というのは、文字通り心臓ですけれども、東洋医学の場合、心臓だけを指すのではなくて、血脈をコントロールしたり、意識や精神活動、思惟活動をコントロールする機能全体と捉えています。先天の気が不足していたり、長い間病気を患っていたり、あるいは急性病に罹った後などは、この心のシステムに異常をきたし、全身に血液を十分に送ることが出来ずに、体を温めることができなくなってしまいます。その異常が更に進むと、この心陽虚という状態が起こります。  もともと心臓が弱い人、心臓に持病を抱えている人は、この症状になりやすいく、またストレスによって精神的に疲労している人も同じようなことがいえます。
 

治療法

 心気を補う治療(補心治療)が中心になります。心に関係するツボに鍼と温灸(灸頭鍼)によって刺激を与え、心気を補い、血液循環を改善していきます。特に浮腫の強い場合には、浮腫を改善するような治療を加えていきます。治療部位は、背部、腰部、下腹部、下肢の前面になります。
 
汚血による冷え性
 
 気候の変化やクーラ−や冷たいものを多飲多食することによって、血液の流れが悪く環せずに冷えてしまうのですね。また、体の各部分に血液が十分に行き渡りませんから、冷痛を伴う症状も出来てきます。
 

治療法

 滞っている血流を改善する治療(活血化治療)を中心に行っていきます。滞っている状態を改善する治療は、少し刺激量が多くして、余分なものを取り除く治療をしていきます。鍼治療が中心になりが、特に冷えの強い部分については灸を多用していきます。治療部位は、背部、腹部、前腕部、膝下の前面になります。
 

copyright (c) 2016-2017 Enjoy Day Shop Challenge all rights reserved.