Enjoy Day Shop チャレンジ
エンジョイ・デー・ショップ チャレンジ
白木鍼灸院
マッサージ 小顔
電話でのお問い合わせ・ご予約は
TEL.092-408-7381
福岡市南区若久3−25−17
完全予約制

 

現代パソコン病の眼精疲労と腱鞘炎

眼精疲労
 
 眼精疲労は鍼灸適応症の一つであり、特に目の周りの運動筋肉の調節機能低下によるものは鍼灸治療でいい効果を得られます。放置すれば、肩こり、頭痛などになるケースが結構多いです。眼精疲労に治療には目の周りに鍼の必要があるため、高度の医学知識と熟錬の手技が必要である。重度な眼精疲労、緑内障、ドライアイ、加齢黄班変性症、視神経炎など眼科疾患の針灸治療についてお気軽にご相談をください。
 
眼精疲労とは
 
 目の長時間使用による目の疲労のことを指す。近年はコンピュータ画面を見る仕事が急増しているため、眼精疲労を訴える人の数が増大している。眼精疲労の主な自覚症状は目に関するものとして、疲れによる充血、かすみや視力の低下、眼球の脹痛、目が疲れやすいなど。また目以外でも、頭痛、胃痛や食欲不振、などが起こることもある。ひどい場合は目の裏側まで強い痛みや吐き気がする。さらに進行すると、イライラや不安感、抑うつ、といった自律神経の症状へ発展することもある。

 軽い眼精疲労なら、自分でマッサージしたり、体操したりして、また、ゆっくり休めば回復できるが、ひどい場合には治療が必要である。

 
眼精疲労の原因
 
 西洋医学では眼精疲労の原因はほとんどコンピュータ、テレビ、読書など目の酷使により起きたものだと考えられているが、実は原因が様々である。主な原因は以下通りです。
  • 目の酷使による眼精疲労
      読書やテレビゲーム、パソコンなど長時間同じ距離を見続ける疲労。眼精疲労の中に最も多いタイプである。
  • 眼科疾患による眼精疲労
      ドライアイ、緑内障、白内障、網膜症など疾患から起こる眼精疲労。
  • 調節性による眼精疲労
      遠視、近視、老眼、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下し、起こる眼精疲労。
  • 精神的なものによる眼精疲労
      慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる眼精疲労。
  • 慢性疾患による眼精疲労低血圧、更年期障害などほかの疾患による眼精疲労
      眼精疲労の症状

       主な自覚症状は目が疲れによる充血、かすみや視力の低下など。また目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。ひどい場合は目の裏側まで強い痛みや吐き気をもよおすほどです。さらに進行すると、イライラや不安感、抑うつなど自律神経の症状へ発展することもあります。

       眼精疲労は鍼灸適応症の一つです。特に目の周りの運動筋肉の調節機能低下によるものは鍼灸治療でいい効果を得られます。

       眼精疲労が中医学の‘五労’中の「肝労」に相当すると考えられている。肝は目に開竅しており、肝血が目を養っている。また、腎精と肝血とは相互的に滋養する関係にあり(所謂、‘肝腎同源’‘精血同源’)、眼の重要な栄養物質であり、したがって、眼精疲労は肝腎密接な関係にある。目の使いすぎすると、精血が不足になって、目への精血の供給に間に合わないため、眼精疲労が引き起ると考えられている。

       眼精疲労が中医学の‘五労’中の「肝労」に相当すると考えられている。肝は目に開竅しており、肝血が目を養っている。また、腎精と肝血とは相互的に滋養する関係にあり(所謂、‘肝腎同源’‘精血同源’)、眼の重要な栄養物質であり、したがって、眼精疲労は肝腎密接な関係にある。目の使いすぎすると、精血が不足になって、目への精血の供給に間に合わないため、眼精疲労が引き起ると考えられている。

 
腱鞘炎 ばね指とは
 
 腱鞘炎の発症部位で一番多いのは、親指の手の甲側の筋肉で、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱、手首のところにこれらの筋肉をたばねる腱鞘【鞘とは刀剣のさやの意】がある部分です。

 パソコン業務の方、女性の場合、家事や育児などで手指を使いすぎると、腱鞘と筋肉がこすれて炎症をおこしやすく(使うたびに腱鞘の中を筋肉が動くので)

 腱鞘炎は男性より女性に多い、女性は手を使いよく働くからでしょう。

 重度の場合は、ちょっと指を動かしただけでも手首のあたりが非常に痛み手指を使うすべての動作に支障をきたします。

 ばね指は、この腱鞘炎が手のひら側の筋肉でおきたもので、指の曲げ伸ばしにて筋肉が腱鞘を通る時に、腫れているせいで途中でひっかかってしまう状態です。

 
腱鞘炎はなぜ治りにくいのか
 
 前述のような理由だと、一般的な固定治療法(指から手首にかけての包帯、ギプス)にて、すぐに治りそうなものですが、実際には簡単に治らず、痛みを我慢しながら仕事をされている方が多いのです。

 腱鞘炎は手首だけが非常に痛むので、そこだけが悪いと思われがちですが腱鞘炎になってしまっている方は、手だけではなくからだ全体の筋肉が疲労しています。

 首、肩、背中、腰、足など自分ではあまり気づいていないかもしれませんが、すべて疲労し緊張しているはずです。

 
腱鞘炎の治療法
 
 自分のからだは、自身の回復力で【自然治癒力】治さなければなりません。

この治癒力を引き出すのが私の治療法です。

 ではどの様にすればよいか、腱鞘炎は前述のとおり筋肉が疲労した状態です。

東洋医学では筋肉に元気を送るのは、五臓六腑のうちの肝臓の働きだと古来より考えられているので、まず肝臓の気を充実させることが重要です。

 両手、両足の肝臓に関係するツボを、それぞれ1ヵ所ずつ計4ヵ所を使用し肝臓の気を高めます。

【この治療だけで全身の筋肉の緊張がらくになり筋肉に回復力が戻ります】

 まずこの様に、からだ全体の治療をし回復力を高めたうえで、痛んでいる手首の治療にかかります。母指の腱鞘炎の場合ですが、この痛む部分には二本の経絡があります。(肺と大腸の気の通り道)

この経絡に流れている気の状態を見きわめ調整するのがポイントです。

 気の流れが弱すぎて痛みを誘発している場合は、強く流れるように逆の場合は、弱くなるよう気の流れを操作します。これには気を感じられるセンスが必要、まちがえれば悪化することもあります。

 鍼の治療は自分には合わなかったと言う人は、たぶん間違った治療をされたのでしょう。

 この二つのポイントをおさえ治療すれば、重度の慢性腱鞘炎であっても頑丈な固定なしに一ヶ月、長くても二ヶ月程度の期間で治癒に至ります。

 

copyright (c) 2016-2017 Enjoy Day Shop Challenge all rights reserved.